ロレックスのオーバーホールの概要と必要性について

ロレックスのオーバーホールを定期的に行うと、時計の大きな故障を少なくして状態の良いまま保ちやすくなります。時計の状態は外観からは分かりにくいものですが、使っている間に内部の状態は刻々と変化します。時計の全部品を分解して検査し、洗浄や調整等を行う事で一括した対処が可能です。
単純な時計の調整に留まらず、時計の研磨をしてもらう事もできます。傷やくすみ等で外観が悪化している場合も、研磨を受ける事で時計本来の美しさが戻るでしょう。一番目立つケース部分の研磨だけでなく、ブレスレット等の細かい部分も磨いてくれるので、新品の時計のような見た目になって帰ってきます。
これらのように、定期的に時計の専門家へ時計を預ける事は、時計の機能を保ちつつ外観の良さも維持できるメリットがあります。

ロレックスのオーバーホールはなぜ必要なのか

時計の状態は時計技師のメンテナンスを受ける事で、最適な状態を保ち続ける事が可能です。例えば、油を差して摩擦を減らす事で部品の摩耗を抑えやすくなるでしょう。壊れたパーツを取り換える事で、別のパーツへの負担が少なくなり大きな故障を予防する事もできます。大きな故障の予防ができる事で、最も少ない維持費で使用し続ける事が可能です。
これらのように、時計が壊れたから直してもらうよりも、時計が壊れる前に見せる事が大切です。世代を超えて長く使える時計を、より綺麗な状態で、より経済的に利用できます。時計を良い状態で保ち続けられれば、時計を売却する場合は買取価格を高められますし、譲る場合も受け取る方に喜んでもらえるでしょう。自分で使い続けるにも、他人に使ってもらうにも、時計を良好に保ち続けるのはメリットが大きな選択です。

ロレックスのオーバーホールを受ける流れ

愛用の時計を時計の専門家に預けるには、ブランドのアフターサービスを受けるか、時計修理店を利用するかを選ぶ必要があります。ブランドのアフターサービスは技術力が確かで、利用者にとっては安心感があるでしょう。時計修理店の利用は、リーズナブルな修理価格が魅力です。
どちらの利用方法でも、基本的な流れは時計を預ける所から始まります。例えば、サービスカウンターに持ち込んだり、サービスセンターに利用申し込みをして時計を郵送する形になるでしょう。
時計を預けた後は隅々まで検査が行われ、交換すべきパーツをリストアップして見積もりを出してくれます。この時点で費用を支払う必要はなく、費用を貯めてから改めて利用する事も可能です。利用決定した場合は、概ね1か月程度でメンテナンスや研磨の済んだ時計が戻ってきます。

受付時間は平日の午前11時~午後7時までです。土・日・祝はお休みになります 。 ROLEXやOMEGAなど各ブランドの時計を実際に修理し手掛けた事例を価格と共にご紹介しています。 依頼するにあたり約3週間という短納期で迅速に対応できるなど、その他サービス情報を掲載しています。 時計修理の専門会社ならではのサービスでオーバーホール価格がなんと60%OFF! ロレックスのオーバーホールは専門店のシエンにお任せ!